「新築一戸建て」カテゴリーアーカイブ

子供のいる一戸建ての収納スペースは大きめ

子どもの荷物を置いておく収納スペースは、雑に置いておけるようにたっぷり取る方が良いと思います。自分たち大人の荷物なら、細々整理することはできますけれど、子どもの荷物って細々と整理できませんよ。というか、細々と自分で整理できる子どもってものすごく珍しい部類だと思います。本当に「しまっておいてくれればいい」レベルの片付けを子どもたち自身はしますからね。

大人になればきちんと整理整頓をするのかも知れませんけれど、うちの小学生二人(ともに低学年)はしまってくれればいいレベルです。ですから、子どもの荷物をしまう収納スペースはたっぷりと取っておいて良かったですよ。

わが家はたっぷりめのクローゼットが子どもの荷物置き場で、その中には整理整頓用のかごを置いています。かごにざっと入れるだけでも、随分とスッキリしますからね。もっと言えば、扉を閉めてしまえばスッキリと見えるので、収納スペースに扉をつけておくだけでもグッドジョブだったと感じています。とにかく子どものいる一戸建てマイホームならば、収納スペースはたっぷりめですよ。

土地選びは一戸建て購入時に重要!

浜松市でマイホームを決めたとき、とても重視した部分は、周辺の環境です。通勤や通学に便利な駅近くを最初、希望していたので、駅周辺の一戸建て物件を見学したり情報収集していましたが、やはり駅周辺は人も多く、車や自転車など行き来も多いです。そして夜になると飲み屋街や繁華街など、昼間とは違った街の雰囲気になるので、夜の状況もしっかり確認しておきました。夜になると駅のターミナルには、けっこうスカウトの方が立っていたり、飲み屋街が続くので、逆に帰宅時間が遅くなると飲んだ方にからまれることもあるかもしれないし、そういう部分も分かったので、駅周辺も良し悪しだな〜と感じるようになりました。雨の日などは、駅が近いとあまり濡れずに帰宅することができるので便利な部分もありますが、長く住むマイホームは総合的な考えて土地選びを行うことにしました。一戸建ても数多くありますが、駅近くは値段も高くなり、そしてザワザワしている感じがするので、注意も必要です!

将来大変な一軒家かもしれません

私は、結婚をすることになり新居として一軒家を探しました。

新居探しに時間が無かったということもあり、とりあえず、駅から歩いていける距離でという物件で家を探しました。
無事に、結婚前に浜松市の一軒家をマイホームに決め、夫婦2人でそこで暮らし始めることにしました。

私は、三階建ての家を選び、そこで暮らし始めたのですが、失敗したなと感じています。
というのも、三階建てというのは、今は生活が出来ていますが、将来、自分が老後を考えると辛い間取りになります。

1階が玄関で、2階がキッチンになります。
なので、食材を買いだしに行って、それを2階まで運ばないといけません。

子どもが生まれて、子どもを抱っこしながら買い物袋を運ぶのはかなり大変です。

今は何とかできていますが、老後、足腰が弱ってきたときにこの生活が続けられるのかなと思います。
老後には、バリアフリーでリフォームをすることになるかもしれないなと今のうちから考え始めています。
もう少し、将来のことも考えて家探しをすれば良かったなと思います。

住みたい一戸建ての具体的な特徴を決める

私が掛川市内に建てた新築一戸建ての自慢は住みやすさです。私は友人の一戸建てに遊びに行ったことがあるのですが外観は豪華だったのですが内装がいまいちでした。そのため自分が一戸建てを建てる時には派手な外観にはこだわらずに質素なデザインでも楽に生活できる一戸建てにしたいと思いました。どんなに見栄えのする雰囲気の一戸建てになっても住んでいる人が快適に暮らせないならば落ち着いて生活できる家にはならないと感じています。ただ、質素過ぎる外観になるのも嫌だったのである程度外装にも気を使って建てました。私は新しい一戸建てでゆったりくつろぎたかったので寝室の内装には特に力を入れました。その結果、毎日ストレスなくぐっすり眠ることができるような部屋になったので仕事や家事の疲れが次の日に残らなくて満足しています。新しい一戸建てに何を望むのかをじっくり考えてデザインをすることが肝心です。私は住みたい一戸建ての具体的な特徴を決めていたのであまり内装や外装の方法を迷わずに理想のマイホームを建てることができました。