月別アーカイブ: 2018年7月

住みたい一戸建ての具体的な特徴を決める

私が掛川市内に建てた新築一戸建ての自慢は住みやすさです。私は友人の一戸建てに遊びに行ったことがあるのですが外観は豪華だったのですが内装がいまいちでした。そのため自分が一戸建てを建てる時には派手な外観にはこだわらずに質素なデザインでも楽に生活できる一戸建てにしたいと思いました。どんなに見栄えのする雰囲気の一戸建てになっても住んでいる人が快適に暮らせないならば落ち着いて生活できる家にはならないと感じています。ただ、質素過ぎる外観になるのも嫌だったのである程度外装にも気を使って建てました。私は新しい一戸建てでゆったりくつろぎたかったので寝室の内装には特に力を入れました。その結果、毎日ストレスなくぐっすり眠ることができるような部屋になったので仕事や家事の疲れが次の日に残らなくて満足しています。新しい一戸建てに何を望むのかをじっくり考えてデザインをすることが肝心です。私は住みたい一戸建ての具体的な特徴を決めていたのであまり内装や外装の方法を迷わずに理想のマイホームを建てることができました。

注文住宅を建てる際に感じたこと

家を買おうと決心したタイミングは何でしたか?
 妻の出産を機に安心して暮らせる耐震住宅を浜松市内で購入しようと決意しました。

土地選びでどんな苦労をしましたか?
 予算との兼ね合いが大変でした。子供が産まれるので周辺環境にも考慮しなければならず、幼稚園・保育園の有無、小学校が近いか、危険な施設や道路等はないかなど、様々なことを気にしなければならず土地選びに時間がかかりました。
また、何十年住むかもわかりませんので、勤め先との兼ね合いも難しかったです。

あなたの住まいの自慢は何ですか? あなたの住まいで後悔スポットはありますか?
 コンセントの位置が一番後悔しています。コンセントの位置はハウスメーカーの言いなりになってしまったので、自分でここで何をして等しっかり考えて配置すべきだったと後悔しています。
キッチンにはできる限り動かずに全ての作業ができるよう、コンパクトにまとめられたのはよかったと思います。

家づくりの際にご家族はどんな要望がありましたか?
 和室は必ず欲しいと要望がありました。義理の父母が来る際など、和室は重宝します。

家づくりに際してお子さんのために気をつけた点はありますか?
 なるべく空間(キッチン、ダイニング等)を分けて、子供に危険(机の角、包丁等)が及ばないようにしました。

家を建ててご家族の絆にどんな変化がありましたか?
 リビングで過ごす時間が増えたのはよかったです。